Home 似ているようで違う!貸倉庫とトランクルームの違いとは?

似ているようで違う!貸倉庫とトランクルームの違いとは?


大量の荷物を預けるのに向いている貸倉庫

一時的に荷物を預かってもらいたい場合に便利なのが貸倉庫です。レンタル倉庫という名前になっている場合もありますが、貸倉庫の大きな特徴は大量の荷物を預けるのに向いているということです。
貸倉庫は不動産賃貸借契約であることが多く、あくまでも倉庫としてではなく不動産物件として賃貸契約するのが一般的です。そのため、倉庫への出入りは契約者であれば自由なので頻繁に荷物を出し入れすることも可能です。また、屋外型の貸倉庫であれば賃貸料も比較的安くなっているので商品を一時的に保管しておくのに向いているのです。しかし、空調設備などは無いことが多いので利用する場合には注意しなければならないこともあります。

少量の荷物を預けるのに向いているトランクルーム

最近都市部を中心として増えているのがトランクルームです。一見すると貸倉庫との違いがわからない場合もありますが、実はトランクルームと貸倉庫には明確な違いがあります。不動産賃貸である貸倉庫に対してトランクルームは寄託契約であり、国土交通省に営業倉庫の登録をしている業者でなければ行うことが出来ません。トランクルームは物品の保管保証があるので大事な物品を保管しておくのに向いているという特長があります。物品の出し入れにも業者の立ち会いがあるため、物品の破損や盗難などを避けたい場合にはとても便利です。しかし、物品の出し入れが気軽に出来ないので大量の物品を預けるのには不向きであり、商品を預けたりすることも出来なくなっています。

3PLとは、サードパーティー・ロジスティクスの略で、物流ビジネスにおいての基礎用語の一つです。材料を集めて販売するまでのサプライチェーンを第三者に委託することを指します。