Home タイムレコーダーのタイプはどうする?手作業タイプそれともネット管理タイプ?

タイムレコーダーのタイプはどうする?手作業タイプそれともネット管理タイプ?


手作業管理ならタイムカード式

社員の勤怠管理をするのに使うのがタイムレコーダーで、最近はICカードや指紋認証で識別するタイプが多くなっています。それらの仕組みはネットワークからパソコンにデータが取り込まれるので、ほとんど人の手作業なく給料計算までやってくれます。一方で会社によっては給与計算自体を手作業に頼っているところがあり、それらの会社でパソコンを使う仕組みを使うと設備費用が高額になってしまうでしょう。その時は古くから使われているタイムカード式のタイムレコーダーを使いましょう。社員一人に一枚のタイムカードを用意してそれを機械に差しこんで打刻をしてもらいます。用意するのはタイムレコーダーとタイムカードだけなので、導入するための初期費用もそれほどかかりません。

多くの社員を楽に管理できるタイムレコーダー

タイムレコーダーにはタイムカードを差し込む仕組みがあり、勤怠管理ではタイムカードの情報を一枚一枚チェックして管理する必要があります。従業員の人数が少なければ問題ないでしょうが、数百から数千の社員がいる会社となるとタイムカードをチェックするだけでも大変な作業になるでしょう。そこで多くの社員がいるのであればネットワークに対応したタイムレコーダーを利用しましょう。ICカードや指紋認証タイプもあればタイムカードを差し込むタイプもありますが、共通するのはどれもタイムレコーダーがネットワークに接続できる点です。打刻された情報はネットワークから勤怠管理をする部署に送られ自動的に集計されます。既にネットワークが整備されているなら、読み取り装置とアプリだけなのでそれほど導入費用は掛からないでしょう。

最新のタイムレコーダーは、セキュリティがしっかりしています。分かりやすい動画もあるため操作しやすく、とても使いやすい仕組みになっています。